ぱそくま ろご
Windows > Access > Microsoft Access基礎

Microsoft Access基礎

Accessとは

Word、Excel、PowerPointなどと同じ、Microsoft Officeの1アプリケーションですが、Accessはデータベース管理というちょっと他とは毛色が違います。 前者はビジネスアプリケーションでの利用が多く、使い方もピンときやすいかと思いますが、Accessは慣れるまでには時間が掛かります。 ちなみに、Accessは業務システムとして利用することがほとんどです。 現に、中小企業や上場している大規模会社の部署等で、Accessで作成された業務システムが多く利用されています。 といっても、そこまで敷居が高いわけではありませんので、あきらめなければ必ずマスターできます。



Accessの構成

Accessを構成しているオブジェクト(オブジェクトとはテーブルとかクエリーとかを表すのに便利な言葉)を表にしました。

Accessの構成
オブジェクト説明
テーブルオブジェクトのアイコン テーブル テーブルとはデータを格納するための箱です。データの型や文字数などを設定できます。
クエリオブジェクトのアイコン クエリ 既存のテーブルを基に問い合わせやDML(データ削除や更新、追加等)文を作成します。
フォームオブジェクトのアイコン フォーム データ入力や参照等するための画面を作成します。
レポートオブジェクトのアイコン レポート 帳票(レポート、印刷物)を作成します。例えば、請求書や名簿一覧の印刷物を作成します。
ページオブジェクトのアイコン ページ Webページを作成します。
マクロオブジェクトのアイコン マクロ 決められたアクションを基にマクロを作成します。
モジュールオブジェクトのアイコン モジュール 画面やクエリ、帳票などから参照できるVBAです。もちろん、画面や帳票に直接VBAを書くこともできます。

Accessの基本的な使い方

データベース管理アプリケーションなのでデータを管理することが目的です。例えば、家計簿、経理、業務報告などです。 例えば日報管理を作成するには、テーブル、入力画面、帳票が必要になります。

  • 管理したいデータを考え、テーブルを作成する。
  • メイン画面や入力画面、帳票を呼ぶ画面作成する。
  • 日報一覧表や報告書などの帳票(レポート)を作成する。