ぱそくま ろご
Linux > パッケージ管理 > yumとは

yumとは?

yumとは?

Red Hat系のLinuxで使用するrpmベースのパッケージマネージャーです。 (rpmやパッケージマネージャーに関してはrpmとは?のページをご覧ください。) Debian系ではapt-getに相当します。 yumでアプリケーションをインストールすると、そのアプリケーションの動作するために必要なアプリケーションやライブラリも一緒にインストールしてくれるので、 かなり簡単に目的のアプリケーションをインストールすることができます。 また、アプリケーションはリポジトリ情報をもとにダウンロードされますので、事前に自分でrpmパッケージをダウンロードする必要がありません。 ちなみに、yumはpythonという言語で書かれています。

yumの設定ファイル

yumにはいくつかの設定ファイルがあります。

/etc/yum.conf yumの基本となる設定ファイルです。まず、一番最初に読み込まれるファイルです。
/etc/yum/version-groups.conf バージョングループファイルです。
/etc/yum.repos.d/* .repo(リポジトリ)ファイルがあるディレクトリです。 .repoファイルとはパッケージの置き場所(URLやDVDドライブへのパスなど)が書かているファイルです。 yumはこのファイルをもとにパッケージを探し、インストールやアップデートを実行します。
/etc/pluginconf.d/* yumのpluginに関する設定ファイルが置いてあるディレクトリです。


yumのplugin

yum-plugin-fastestmirror yumのリポジトリは全世界色々なサーバーにおかれていますが、どのサーバーを使用するかは、/etc/yum.repos.d/* が基本となります。よって、設定ファイルで遅いサーバーを指定した場合、リポジトリ検索だけでも時間がかかってしまいます。 そこでyum-plugin-fastestmirrorを入れると自動的に最も近いサーバーを選択してくれます。 ただし、必ず一番近いサーバーとも限りませんし、そのサーバーが速いとも限りません。 よって、このプラグインを入れても遅い場合は、yum-plugin-fastestmirrorの設定ファイルで最初に検索するサーバーを速そうなサーバーに指定する必要があります。
yum-plugin-ps
yum-plugin-priorities

yumを設定する

基本的には設定ファイルのカスタマイズは不要です。特に、通常の使用であればyum.confはそのままで問題ありません。