ぱそくま ろご
linux > Git > Gitで作業する - 変更の取り消し

Gitで作業する - 変更の取り消し

変更の取り消し - git reset

誤ってcommitした場合などcommitを取り消したいt場合があります。それを行うのが「git reset」です。 この「git reset」ですが、注意して使わないと思ってもない取り消しになります。

gir resetの使い方1
コマンド 説明
git reset [ファイル] [ファイル]のステージングのみが破棄します(ファイルは元に戻りません)。 [ファイル]を指定しなかった場合、全ファイルのステージングが破棄されます。
git reset --hard 全ファイルのステージングが破棄され、直前にコミットした状態にファイルが戻ります。

gir resetの使い方2
コマンド 説明
git reset <commit>
git reset --hard <commit>

git reset [--head] <commit>は公開リポジトリには絶対に使用しないでください。 トラッキングが変わり別ブランチ扱いになってしまいます。 push前のローカルリポジトリのブランチにのみ使用しましょう。

変更を元に戻す - git revert

「git revert」は「git reset」と動作は似ていますが、大きな違いは「取り消した」こと自体をコミットします。